News of TetsuroShimizu official web site



出版

フォトエッセー「うまたび - モンゴルを20年間取材した写真家の記録 - 」

umatabi_cover_N_web.jpg
玄光社 刊
仕様:188×133mm/192 ページ
定価:本体 2,000 円+税
ISBN978-4-7683-0913-1
※大好評、発売中です。

玄光社(Amazon) 予約受付サイト※サインは入りません

写真集『New Type』

スクリーンショット 2015-11-18 8.46.14.png
日本カメラ社刊
160ページ ハードカバー
4,800円(+税)
※この写真集で「さがみはら写真新人奨励賞2016」を受賞しました。
2018.3.28現在で出版社在庫が150冊を切りました。お求めの方は、お早めに。

民主化移行後のモンゴル国の変わりゆく姿を15年間記録した前作『CHANGE』出版から3年。今や草原に暮らす遊牧民がスマホを使い、情報を手に入れ、近況をSNSでアップする時代となった。文明の利器が浸透し、あるものが当たり前となった時代はもはや変化ではなく『New Type』である。日常を撮り続けることがドキュメタリーであるという信念のもと、現地に溶け込みながら、独自の視点でとらえた作品内容はモンゴル人からも一目置かれている。

※当Webサイトで署名入り写真集を販売しております
※写真集代の他に、梱包料&送料600円かかります。
※ 2冊以上お申し込みの方は梱包料無料、着払いにて送ります。

お申し込みは必要事項を明記の上、
Contactページ記載のアドレスまで連絡願います。

<必要記入事項>
お名前:
ご住所:
電話番号:
メールアドレス:
冊数:
サイン入れの有無:

写真展

清水哲朗写真展『New Type』

2018年3月16日(金)〜4月12日(木)10:30-18:30(最終日は14:00まで)
日曜休館(※祝日は開館しています) 
※終了しました。ご来場、誠にありがとうございました!

エプソンイメージングギャラリー エプサイト

イベント

講演会・トークショー

※現在、予定はありません。

インタビュー

オリンパス株式会社
「写真で伝えたいこと」
スクリーンショット 2018-08-26 12.10.45.png

フォトコンテスト審査

エプソン「meet up! -selection-」

応募期間 2018.9.3(月)〜11.12(月)
結果発表 2019年2月下旬
審査員: 舞山秀一さん、清水哲朗 (web部門)佐藤健寿さん

第44回 2019JPS展

応募期間 2018.12.10(月)〜1.15(火)
結果発表 2019年3月中旬頃、応募者全員に文書にて通知
審査員: 熊切圭介さん、榎並悦子さん、大西みつぐさん、藤森邦明『フォトコン』編集長、清水哲朗による5名

第65回全国展フォトコンテスト

応募期間 2018.12.5(水)〜2.8(金)
結果発表 2019年3月上旬頃、入賞入選者に直接通知 4月中旬に主催者ホームページ上で発表予定
審査員: 中村征夫さん、米美知子さん、清水哲朗による3名

日本写真企画「フォトコン」組写真の部

2019年1月号より12月号までの1年間
〆切は 毎月10日(応募は新年1月号が10月10日、ラスト12月号が9月10日です)
☆応募規定
☆応募票

連載

玄光社 フォトテクニックデジタル 問わず語りフォトエッセイ「清水哲朗の選外写真に花束を」

※2013.11月号より毎号撮りおろし作品を掲載するとともにエッセイを綴っています。

御礼!! 写真集「CHANGE」完売

スクリーンショット(2012-08-22 20.58.42).png

2012年夏に制作した処女写真集「CHANGE」

15年におけるモンゴル取材を通じて
モンゴルの変化を記録したスナップ写真集。

作品はすべて時代感をなくすためにセピア化し、
生活・文化・自然風景・動物と幅広いジャンルでおさめています。

キャプションとステートメントは英語。
260ページに渡る作品集は見応え十分。

デザインはモンゴル人デザイナー
印刷はモンゴル国内トップクラスの印刷会社
販売ベースはモンゴル国内です。

モンゴルで撮影し、モンゴルで写真集を制作し、モンゴルで販売する。
まさに " Made in Mongolia " の写真集。

ハードカバー500冊限定での制作で
日本国内では僕を通じてのみ入手可能としておりましたが
2013.3.10をもちまして国内販売分の在庫は完売
モンゴル国内で販売していた在庫も2016年7月10日時点で完売を確認しました。

お買い上げいただいた方々、誠にありがとうございました。
心より御礼を申し上げるとともに今後の活動にもご期待いただければ幸いです。